台湾茶の輸入5つのポイントその3

home

お茶を購入する前は購入方法を確認することが大切で、こちらの店舗はクレジットカードとATMによる振り込みに対応しています。

台湾国内であれば決済方法は多様ですが、海外向けになるとクレジットカードとATMによる振込しかありません。

使えるクレジットカードで確認が取れているものは下記です。

台湾のお茶業者

 

 

上記3つまでは確認が取れましたが、最後のクレジットカードは日本で見たことがなく、取り敢えず不明にしました。

ATMによる振込の場合は以下の銀行が利用できます。

 

 

日本人には馴染みの薄い銀行ばっかりですが、日本からの振込は可能です。

しかし銀行から振り込む場合は手数料がかなり高いので、クレジットカードがある人はクレジットカードで決済した方が手数料を節約することができます。

どうしてもATMによる振り込みしかできない場合は、送金手数料が安い銀行を選んだ方が得です。

1万円以下の購入であればゼブン銀行が比較的安く990円でした。

 

追記:ゼブン銀行の振込は身内向きで法人は未対応でした。

未確認ですが都心部であれば台湾系の銀行があり、そこから上記の銀行に振込したら手数料はもっと安いかもしれません。

確認が取れ次第追記します。

 

次へ