蜜香紅茶

home

台湾の紅茶には蜜香紅茶がありますが、甘い香りが特徴です。

どのようなお茶なのかをもう少し詳しく見たいので、Amazonで販売されている蜜香紅茶を覗いてみましょう。

 

 劉栄亮【蜜香紅茶】50g

 

レビューはありませんが、蜜香紅茶の茶葉の写真は掲載されていました。

次は本場の台湾で制作された動画を見ましょう。

 

 

全部中国語なので理解できなかったかもしれませんが、男性は蜜香紅茶を誇らしげに説明していました。

 

ハチミツのような後味で評判の蜜香紅茶ですが、ハチミツのような後味を生成するのには理由があります。

 

台湾の茶畑は夏になると、ウンカと呼ばれる虫が発生し茶葉を噛みます。

ウンカが噛んだ茶葉を高発酵したものが、蜜香紅茶といわれています。

東方美人もウンカが噛んだ茶葉を使い製造しますが、蜜香紅茶の製造方法は東方美人とは異なります。

 

しかしどちらもウンカが噛んだ茶葉を使うため、選別に時間がかかります。

ウンカはすべての茶葉を噛むのではなく、一部の茶葉を噛みます。

そのため、茶農家の人は選別に苦労するのです。

 

選別に時間のかかる蜜香紅茶は安くはなく、本場の台湾でもそこそこ値が張ります。

それでも一度飲んだ人は蜜香紅茶の魅力に惹かれ、リピーターになるケースが多いです。

 

    東昇茶行蜜香紅茶で有名な茶農家ですが、ホームページでは蜜香紅茶のことが詳しく説明されています。
 
蜜香紅茶は日本の喫茶店で提供している紅茶とは異なりますが、東京には蜜香紅茶を提供している店舗がありました。
 
東昇茶行は台湾の雑貨や茶器を扱っています。
 
東京近辺の方は一度行ってみてはいかがでしょうか?
 
 
ハチミツのような後味の蜜香紅茶には台湾クッキーが合いますが、こちらのサイトで紹介している店舗でも台湾クッキーを直入することができます。

 台湾のクッキー

若い人は本格的なお茶はあまり飲まない傾向にありますが、こちらの蜜香紅茶であれば若い日本人であっても喜ぶのではないでしょうか。

日本では珍しい甘い香りの蜜香紅茶を、是非おためしあれ。