台湾茶の直輸入は儲かるのか

home

こちらのページでは、台湾茶の直輸入は儲かるかについて考察します。

私の個人的な考察なので、参考程度に読んでもらえたら幸いです。

台湾茶の直輸入が儲かるかどうかについては、売れる台湾茶は儲かるし売れない台湾茶は儲からないとしか言いようがありません。

しかしそれでは身も蓋もないので、利益率という点から考察したいと思います。

 

Amazonで検索すれば多くの台湾茶がヒットしますが、容量を考えれば安いとは言えない販売価格です。

そのような台湾茶で売上を伸ばすには、販売ルートを確立するしかありません。

一般的に高級台湾茶を好む人は、台湾茶に思い入れがある人が多いです。

そのような人をターゲットにするには、そのような人がいる場所を把握しなければいけません。

 

高級台湾茶を好む人がいる場所には、高級中華料理店や台湾茶専門店があります。

これらの店舗に売ることができたら、利益を生み出すことはできるでしょう。

しかしいきなり高級茶を手がけるのは初心者には難しいので、私はカジュアルな台湾茶を直輸入することをおすすめします。

 

カジュアルな台湾茶には以下のものがありますが、こちらのサイトからでも購入することができます。

 

カジュアルな台湾茶

 

こちらの台湾茶を直輸入するときは、以下のページを参考にしてください。

 

カジュアルな台湾茶を直輸入する方法

 

388元の水果茶であれば1個あたり54円程度の仕入れ価格になり、ドリンクバーや喫茶店で提供すれば十分に利益を生み出すことができます。

ただ直輸入するときは1000円以上の配送料金がかかります。

また商売目的であれば、消費税と関税も計算に入れなければいけません。

それでも計算して台湾茶を直輸入すれば、1個あたりの仕入れ価格を100円程度に抑えることは可能でしょう。

 

1個100円程度の水果茶に果物を入れて提供すれば価値が高まり、600円以上の販売価格を付けることも可能です。

このあたりはお店の家賃の絡みがあるので正確に算出することはできませんが、台湾茶で利益を出す可能性は十分にあります。

 

ただ直輸入した台湾茶を転売することはおすすめできません。

仕入れ価格が安い台湾茶を転売しても、大きく稼ぐことはできません。

桁違いの販売数であれば大きく稼ぐことは可能ですが、初心者がいきなり多く捌くことは難しいです。

 

まとめ

初心者が台湾茶で儲ける方法を考察してきましたが、一番可能性があるのは喫茶店で提供するか、ドリンクスタンドで提供するかだと思います。

実際に台湾茶の直輸入で儲けているのは、飲食店またはドリンクスタンドです。

 

台湾茶の直輸入ビジネスは、まだまだ可能性があります。

関心のある方は、十分に検討してからチャレンジしてください。