台湾茶を簡単に仕入れる方法

home

台湾茶を安く仕入れる方法には、台湾の農家から直輸入することがあります。

しかしこれを実現するには交渉力が必要で、簡単にできることではありません。

中国語ができない場合は、コミュニケーションさえ成立しません。

 

しかし中国語ができない人であっても、台湾茶を安く購入することは可能です。

 

下記で紹介する会社は本場の台湾に自家農園を持ち、そこから日本に輸入しています。

 

台湾茶芸貿易有限会社

 

また台湾茶芸貿易有限会社は日本に店舗を持ち、一般消費者に台湾茶を提供しています。

台湾茶芸貿易有限会社が扱っている台湾茶は凍頂烏龍茶で、本場の台湾では広い地域で栽培されています。

 

同じ凍頂烏龍茶でも収穫時期によって品質が異なりますが、台湾茶芸貿易有限会社は収穫時期にもこだわっています。

ホームページでの説明も非常に丁寧で、商品に対して誇りを持っているのがわかります。

 

台湾茶芸貿易有限会社のお茶は、下記のネットショップでも販売されており、味を確かめたい方は一度注文してください。

 

烏龍茶専門店「茶芸.com」

 

味に納得したら商売用に仕入れてもよいでしょう。

 

台湾茶芸貿易有限会社は日本で営業活動をしているため、仕入れ時の問題がほとんどありません。

台湾茶芸貿易有限会社から、台湾茶を仕入れるメリットを整理します。

 

 

 

 

日本語が通じるメリットは大変大きく、中国語がまったくわからない人であっても問題はありません。

初めて台湾茶を仕入れる時は不安が付き物ですが、日本語が通じるので不安点は気楽に聞くことができます。

 

商用目的で台湾茶を台湾から輸入すれば、通関業務が発生します。

通関業務は素人には難しく、面倒くささ故に台湾茶の輸入を断念する人もいます。

 

台湾茶芸貿易有限会社から台湾茶を仕入れた場合は、面倒くさい通関手続きは一切ありません。

通関業務のイロハがわからない人であっても、気楽に本場の台湾茶を仕入れることができます。

 

自家農園を持っていることも仕入れには有利です。

台湾茶を卸販売している会社は他にもありますが、中間業者が入っていることが多いです。

中間業者が入れば当然卸価格は高くなりますが、台湾茶芸貿易有限会社は自家農園から輸入しているので安心です。

 

台湾茶芸貿易有限会社のホームページには連絡先が記載されているので、台湾茶の輸入に関心のある方は一度相談してはいかがでしょうか?