翻訳サービスの利用

home

多くの台湾茶を購入する引き換えに、販売価格を割り引きすることは可能です。

しかしその時はしっかりと契約書を交わさないと、後でトラブルが発生する可能性があります。

契約書を作成できる中国語力があれば自ら契約書を作成するのが安上がりですが、契約書を作成できるほどの中国語を身に付けるのは大変です。

 

 

 

 

中国語力に自信のない人には、翻訳サービスを利用することをおすすめします。

Googleなどの無料の翻訳ツールを使う方法もありますが、無料の翻訳ツールは不自然であることが多く、大切な契約書作成には使えません。

私はGoogle翻訳で訳した中国語を台湾人に見せたことがありますが、不自然であるため半分ぐらいしか意味が通じませんでした。

 

契約書作成は頻繁にあることではないので、契約書を作成したい人は迷わず翻訳専門会社に依頼すべきだと思います。

ただ翻訳専門会社の数は多く、また値段もマチマチのため、どれを選べばいいのか迷います。

そんな時に便利なのが翻訳比較サイトで、条件を入力することで希望の翻訳専門会社が見つけやすくなります。

 

翻訳専門会社の料金が高くて出せない場合は、以下のサービスの利用をおすすめします。

以下のサービスでは中国語への翻訳もあり、安く依頼できる可能性があります。

ただ現在は中国語の簡体字を得意としている人が多く、台湾の繁体字は苦手であるかもしれません。

依頼する時はその点をしっかり確かめることが大切で、完全に納得してから依頼するようにしましょう。

 

 

 

 

個人輸入であれば最低限の中国語だけ理解していればいいですが、商用輸入となると最低でも日常会話程度の中国語力は必要です。

中国語がどうしても苦手な場合は中国語ができるスタッフを雇うか、翻訳専門会社に依頼することをおすすめします。

日本と台湾は友好関係にありますが、ビジネスとなるとお互いの利害が衝突し、トラブルに発展する可能性はあります。

そんな時でも契約書があれば、契約書に沿った話し合いが可能になり、トラブルは早く解決するでしょう。