販売デザインを煮詰める

home

商売の形態を明確化したあとは、販売デザインを煮詰めることをおすすめします。

最近のビジネスは競争に晒されることが多く、競争に勝つには販売デザインを煮詰め差別化を図ることが大切です。

しかし差別化を図ることは言うは易く行うは難しで、多くの商店は差別化する方法に悩んでいます。

私は商売のプロではないので偉そうなことは言えませんが、差別化するポイントは顧客の立場に立つことだと思います。

 

 戦略思考ワークブック【ビジネス篇】 (ちくま新書)

 

上記の本は販売デザインを考える際に非常に役立つ本で、私がこのサイトを立ち上げるときも上記の本を参考にさせてもらいました。

詳しい内容は実際に本を読み確かめてもらうのが一番ですが、ここでも簡単にこの本の説明をさせてもらいます。

こちらの本で解説している戦略思考の基本になっているのは重要思考で、対象者を明確にすることが大切だと言っています。

 

対象者とは販売が期待できる人たちですが、喫茶店の場合であれば当然顧客です。

しかし対象者が顧客だと漠然としすぎなので、対象者を絞ることが大切です。

喫茶店がある場所に学生が多いのであれば、学生をターゲットにするのが合理的な判断でしょう。

 

こちらの本ではターゲットを決めた後は、ターゲット側の重みを考えることが大切だと言っています。

学生がターゲットであれば、takeoutを重みにしてもいいでしょう。

最近の若い人はtakeoutすることが多いです。

 

ターゲット側の重みを考えたあとは、差を付けることが大切だとこちらの本では言っています。

差をつける具体的な方法には、takeoutしやすい店舗のレイアウトがあります。

takeout専用の入り口が明るく広ければ、きっと学生は注文しやすいでしょう。

 

差を付ける方法を明確化=販売デザインと考えてもいいでしょう。

 

飲食店で利益を出すにはキラー商品を開発することも大切ですが、販売デザインを煮詰めることも大切です。

キラー商品を開発し販売デザインを煮詰めれば、小さな店であっても戦っていけるのではないでしょうか。

加工しても美味しい台湾茶はキラー商品になりやすく、またさまざまな販売デザインを考えやすいです。

 

こちらのサイトでは、台湾茶を簡単に注文できる仕組み作りに励んでいます。