商売の形態を明確化する

home

台湾茶でビジネスをする場合は商売の形態を明確することが大切で、形態が明確であればあるほどスムーズなスタートが切れます。

台湾茶ビジネスで一番可能性があると思われるのは、喫茶店もしくはドリンクスタンドで台湾茶を提供することですが、通行人の数を調査することをおすすめします。

通行人調査は業者に依頼することも可能ですが、自分でする場合はカウンターの購入をおすすめします。

カウンターは雑貨店などで販売していることが多いですが、近くの雑貨店で販売されていない場合はAmazonでも購入することができます。

 

プラス 数取器 手掌用(4桁) 【質量70g】 30-899 KT-101

 

通行量の調査は飲食業界では常識になっており、可能であれば通行人の属性も調べることをおすすめします。

女性向きの台湾茶を提供するのであれば、女性の通行人の数も調べておくべきです。

台湾茶は加工に向いているお茶で、女性向きに加工することも可能です。

 

飲食店以外ではドリンクスタンドがありますが、ドリンクスタンドで台湾茶を提供するときはアイスの方がヒットする可能性があります。

アイスは歩きながらでも飲みやすいため、若者に受け入れられやすいのではないでしょうか。

アイスに向いている台湾茶はトップページで紹介しているネットショップも扱っており、アイスの台湾茶で商売をしたい人は一度試してみたらいかがでしょうか。

 

台湾茶はアイスでも美味しい

 

台湾茶はインターネットでも販売することができますが、インターネットで販売する場合は特定商取引法という法律を遵守しなければいけません。

特定商取引法の概要は以下で、遵守することはさほど難しいことではありません。

 

https://ferret-plus.com/1759

 

これらのことをショップに明記することは信頼にも繋がるので、漏れなく記載することが大切です。

ネットショップを利用する消費者の目は厳しく、少しぐらいの落ち度でも信頼を失う可能性があります。

 

 

 

BASEは初期費用も月額費用も無料で、販売額に応じた手数料が発生するだけです。

BASEは楽天市場やAmazonのような集客数はありませんが、ネットショップのスタートはBASEで始める人は多く、今後のその傾向は強まると予想されます。