台湾茶を商用輸入するときのポイント

home

台湾茶の商用輸入は個人輸入と同じ面もありますが、商用輸入ならではのポイントもあります。

こちらのコーナーでは台湾茶を輸入するときのポイントを詳しくみています。

日本で台湾茶の需要は一定数あり、ビジネスとして成り立つ可能性はあります。

どのようなビジネス形態があるのか、下記で整理します。

 

 

主な台湾茶ビジネスの種類を挙げましたが、私は喫茶店で提供することに大きな可能性を感じます。

喫茶店はキラーメニューがあれば固定客が付きやすいと言われていますが、台湾茶が好きな人であれば固定客になる可能性は高いです。

最近はドリンクスタンドが増えていますが、アイスにしても美味しい台湾茶はドリンクスタンドでもヒットするのではないかと思っています。

ただドリンクスタンドで販売する場合は、若者好みの味にすることをおすすめします。

ドリンクビジネスは若者から流行ることが多く、若者をターゲットにすることは合理的な判断でしょう。

 

台湾茶でビジネスをする場合はビジネスのポイントを理解する必要がありますが、下記ではポイントを詳しくみていきます。

 

商売の形態を明確にする

仕入先を探す

販売デザインを考える

翻訳サービスの利用

通関業者の利用

台湾茶を簡単に仕入れる方法

台湾茶の直輸入は儲かるのか