台湾茶ドリンクスタンドもキャッシュレスが便利

home

台湾茶のドリンクスタンドを利用する人の中には、出勤中の人もいるでしょう。

出勤中の人は、一気に乾いた喉を潤したいと思っています。

そのため決済もできる限り、スムーズに済ませたいと思っているはずです。

 

そんなお客様に喜ばれるのがキャッシュレスサービスですが、小さな台湾茶ドリンクスタンドであっても導入しやすいサービスがあります。

 

 

 

こちらはスマートフォンを利用したキャッシュレスサービスですが、比較的審査は簡単です。

 

こちらのサービスを利用するには3つのステップが必要ですが、いずれも簡単なステップなので関心のある方は手続きを進めてください。

 

・お手元のパソコンまたはスマートフォンからアカウントを作成

・審査が完了し、アカウントが有効化されたらSquareリーダーを購入

・Square POSレジ(無料)をダウンロード

 

Squareリーダーは7,980円と1万円を切るので、導入することをおすすめします。

今であれば無料とのことです。

 

ところでSquareサービスの仕組みは、どうなっているのでしょうか?

簡単に説明させてもらいます。

 

Squareサービスはクレジットカードと連携しているサービスで、Squareサービスを利用するときは手数料がかかります。

手数料は利用するクレジットカードによって異なりますが、公式ホームページを参考に解説します。

 

Visa、Mastercard、American Express、 Discover、Diners Clubの手数料は、3.75%となります。

JCBの手数料はすべて3.95%となります。

 

ただ今は政府が推し進めているキャッシュレス・消費者還元事業期間中なので、手数料は一律3.25%となります。

 

Squareサービスはeギフトカードを販売しており、顧客はeギフトカードを使い決済することもできます。

 

eギフトカードによる決済手数料は、Visa、Mastercard、American Express、 Discover、Diners Clubの手数料は、3.75%となります。

JCBの手数料はすべて3.95%となります。

 

 

eギフトカードの手数料もキャッシュレス・消費者還元事業期間中は安く、3.25%となります。

 

Squareサービスの使い方を紹介している動画があったので紹介します。

 

 

 

動画を見ると使い方がよくわかると思いますが、顧客はスマートフォンまたはクレジットカードで決済していましたね。

このような仕組みを自力で作るのはまず無理ですが、Squareサービスと契約することで簡単に実現します。

 

顧客回転率をよくしたい人は、是非とも導入してください。

このサービスは本当に便利です。

 

Square POSレジ(無料)をダウンロードするのであれば、ipadが便利です。

 

 

 

紹介したサービスは回転率をよくするために役立つので、余裕があれば導入することをおすすめします。

台湾茶ドリンクスタンドの回転率をよくし、十分な利益を出しましょう。