台湾茶ショップ開業の実務

home

台湾茶ショップを開業する際は、煩わしい手続きがあります。

そんな手続きを代行してくれる業者があります。

書類の代行手続きは行政書士の分野でしたが、こちらの業者は書類以外のサポートもしてくれます。

 

 飲食店の資金調達・会計支援は、クロスポイントにまるごとお任せ! 

 

特筆すべきサービスは集客サービスです。

集客は多くの飲食店が苦しんでいることで、サポートしてくれるのは大変ありがたいです。

 

台湾茶ショップを開業するには資金も必要ですが、資金調達もサポートしてくれるので至れり尽くせりです。

これだけのサポートがありながら、月額25,000円(プロフェッショナル)は妥当でしょう。

主なサービス内容を紹介します。

 

プラン

ベーシック

スタンダード

プロフェッショナル

月額料金 ¥5,000/月 ¥15,000/月 ¥25,000/月
サービス内容 月々の記帳業務 月々の記帳業務 月々の記帳業務
サービス内容 月次決算報告 月次決算報告 月次決算報告
サービス内容   月次決算相談 月次決算相談
サービス内容   税務相談 税務相談
サービス内容     税務申告書作成
サービス内容     マネジメント診断
サービス内容     集客アドバイス

 

これらの実務を個別に頼むと10万円を超える可能性がありますが、こちらのサービスは定額制なので安心です。

 

専門家に頼らず自分で台湾茶を開業させたい人は、次の解説本が参考になります。

初心者を対象にしていますが、書かれていることはいずれも大切なことです。

 

 はじめての人の飲食店開業塾 (まずはこの本から!)

 

台湾茶ショップを開くにはレジも必要になりますが、情報の管理ができるPOSレジが便利です。

POSレジがあれば日別・時間帯別の情報もわかります。

POSレジはコンビニを中心に導入されていますが、将来的には大部分の小売店が導入するようになるでしょう。

 

どのようなPOSレジが便利なのかわからない人は、次のサービスが便利です。

無料で最適なPOSレジを紹介してくれるので、気楽に問い合わせることができます。

 

 店舗に合ったレジ選び無料でご紹介します【レジチョイス】

 

台湾茶ショップを開業するためにすることは多いですが、予算が許すのであれば専門家に任せた方が効率がよいです。

実務を専門家に任せることで、店主は台湾茶の販売に専念することができます。

次へ