ドリンクカップホルダー

home

最近はドリンクカップホルダーという商品が流行っているそうです。

ドリンクカップホルダーとはカップを入れるホルダーのことですが、肩にかけることができるタイプもあります。

イメージが湧かない人のために商品を紹介します。

 

 

これは凄く高いドリンクカップホルダーですが、人気があるが故の高値です。

 

本場の台湾では水筒を持ち歩く人が多いせいか、ホルダーの使用率は高いです。

私は来年度に台北に行く予定ですが、目的はドリンクホルダー・ドリンクカップホルダーの調査です。

 

ドリンクホルダーの未来は明るい

 

 ドリンクホルダー・ドリンクカップホルダーの未来は明るいと思います。

その理由には以下がありますが、いずれも世界的に注目されていることです。

 

・エコ意識の高まり

・防犯上の問題もありゴミ箱が減ってきている

・水筒を持ち歩けば飲料代の節約になる

 

使い捨ての時代は終焉を迎え、今はエコの大切さが声高に叫ばれていますね。

洗浄可能なカップをドリンクカップホルダーに入れ、何回も使うことはエコ意識の発露だと思います。

そしてそのようなスタイルは、官民挙げて推進されると思います。

 

最近の日本は防犯上の問題があり、ゴミ箱が減る傾向にあります。

ゴミ箱が減ったらtakeoutした商品のカップや包装紙を途中で捨てることが難しくなりますが、ドリンクカップホルダーがあれば心配はいりません。

 

昔の日本人は職場や学校に水筒を持っていくのは当たり前でしたが、最近は自動販売機の普及などもあり減少傾向です。

しかし最近は節約意識が高まっているので、水筒が復活する可能性はあります。

水筒サイズのドリンクホルダーは、ハイキングや登山に便利です。

 

 

これがあれば外でも気楽に水分補給ができますね。

 

台湾で販売されているドリンクホルダーやドリンクカップホルダーの中には、可愛いものがありますよ。

今度台湾に行ったときに買ってみたいと思います。

 

今回はドリンクホルダーとドリンクカップホルダーの紹介をしましたが、日本でも広く普及すると思います。