タピオカ茶が売れている理由

home

最近は一時期ほどの大ブームではありませんが、それでも店舗によってはタピオカティは直ぐに売り切れます。

タピオカは日本で完全に市民権を得ていますが、本場の台湾でも有名です。

タピオカそのものはデンプンですが、タピオカのデンプンはトウダイグサ科のキャッサバの根茎から製造しています。

そのデンプンを使ったものがタピオカティですが、タピオカティにはさまざまな種類があります。

最近はウーロン茶にタピオカを入れる食品メーカーも登場しています。

タピオカ茶の魅力とは何でしょうか?

箇条書きでまとめてみました。

 

・アイスで飲んでも美味しい

・腹持ちが良い

・外でも飲みやすい

・高価ではない

 

タピオカ茶の魅力を挙げましたが、アイスで飲んでも美味しいのはヒットした最大の要因だと思います。

人は暑い季節に水分補給をしますが、タピオカ茶は暑い季節に飲んでも美味しいです。

 

 タピオカ茶を飲んだことがある人はわかると思いますが、タピオカ茶を飲んだら満腹感を得ることができます。

忙しい会社員は昼食に十分な時間を取ることができませんが、タピオカ茶を飲むことで一時的に空腹感を紛らわすことができます。

私も先日ロッテリアでタピオカティを飲みましたが、確かに満腹感を感じることができました。

 

タピオカ茶はプラスティックの容器に入っていることが多く、持ち運びがしやすいです。

プラスティックの容器には専用の蓋があるので、こぼれることが少ないです。

最近は若者を筆頭に歩きながらドリンクを飲むケースが増えてきましたが、プラスティックの容器に入っているタピオカ茶であれば、歩きながらでも気楽に飲めますね。

これがガラスの容器だったら重たいし、万が一落とした場合はガラスの破片が周囲に広がってしまいます。

 

タピオカは一般のドリンクよりも高めですが、それでも1000円を超えることは少ないです。

1000円以下の価格帯であれば、タピオカ茶を飲みながら気楽に友達と話し合うことができます。

 

タピオカグミだけ買うこともできます。

タピオカグミだけであれば、数百円程度で購入できます。

タピオカグミを使い、オリジナルなタピオカティを作るのも面白いですよ。

 

 クリート タピオカミルクティグミ 奶珍茶珠 40g×12袋

 

私はこちらのタピオカグミを、ホットコーヒーに入れています。

タピオカグミを入れるときは、グラニュー糖は必要ないです。

タピオカグミだけで、十分な甘みが出ます。

 

まとめ

タピオカ茶が日本で売れている理由に迫ってみましたが、タピオカ茶はインスタ映えするので、Instagramにタピオカ茶をアップする人も多いです。

最近はタピオカ丼も登場しているみたいですが、タピオカには無限の調理方法がありそうです。

タピオカを食べて楽しむのもいいですが、自ら作るのも楽しいです。

甘みのあるタピオカはさまざまなドリンクに合うと思いますが、ヨーグルトに入れても美味しいと思います。

クックパッドには、ヨーグルトの作り方がいろいろと掲載されています。

いろいろな食べ方・飲み方ができるタピオカは、ブームが過ぎても静かな人気を維持しそうです。