台湾茶リスクのない宣伝方法

home

台湾茶を直輸入し販売方法が決まったあとは売るだけですが、宣伝しないと売れないです。

オークションの場合はこの限りではありませんが、ずっとオークーションで生計を立てるのは難しいです。

 

実店舗であれば近辺にチラシを配るのが効果的ですが、インターネットを使って宣伝する場合は、インターネットに広告を打つのが一番です。

ただ大がかりなインターネット広告は非常にコストがかかるため、台湾茶の起業初心者にはおすすめできません。

僕の知っている起業家はインターネット広告に多大な費用をかけ、結局経営が行き詰まってしまいました。

 

リスクのない宣伝方法はSEOが一番

ネットショップやホームページをリスクなく宣伝するには、SEO対策するのが一番です。

実はこちらの「台湾茶の輸入5つのポイント」もSEO対策をしたおかげで、狙っていたキーワードで表示されるようになりました。

ただまだ上位10位以内には入っていないので、今後は安定して10位以内に表示されることを目標にします。(2019/10/26日現在)

 

「台湾茶の輸入5つのポイント」は2ヶ月足らずのホームページですが、想像していたよりも早くGoogleに評価されました。

具体的なSEO対策の紹介

私が実行したSEO対策はテクニック面よりも、コンテンツの内容に重点を置きました。

Googleは利用者の役に立つホームページを上位に表示させます。

利用者の役に立つホームページとは、利用者の期待に応えるホームページだと思います。

利用者に期待に応えるホームページは、必ずリピーターが付くと思います。

 

利用者は何らかの目的を持ち、検索窓にキーワードを入力します。

ところが検索でヒットしたホームページが模倣したものであったり、中身のないものであれば、利用者はがっかりします。

がっかりした利用者は、絶対に固定客にはなりません。

 

ネットショップの顧客もこれと同じで、何らかの目的を持って検索します。

楽天やAmazonに出品しても宣伝しなければ、顧客はなかなか商品に気付いてくれません。

おそらく顧客が最初に商品に気付くのは、検索経由からです。

楽天やAmazonに出品するときも、絶対にSEO対策は必要です。

 

台湾茶をネットショップで売るときの工夫(SEO面での工夫)

手前味噌になりますが、ネットショップで商品を紹介するときは、私がメルマガで実行していることが参考になると思います。

 

 私がメルマガでは、あれもこれも伝えようとせず、ターゲットを絞りターゲットの心に刺さる文言を意識しています。

 

台湾茶であれば、「お茶の香りが好きな人であれば、東方美人をおすすめします」がよいでしょう。

 

台湾茶には多くの種類があり、求めるものはそれぞれ違うはずです。

扱う台湾茶がどのような人に好まれるのか、分析してから文章を書くことをおすすめします。

 

台湾茶の数だけターゲットがあるので、常に台湾茶の特徴を明確にすることをおすすめします。

明確にできないときは、思いついたことをメモに書いてください。

メモに書くときは箇条書きにすると効果的です。

 

 SEOに関しては奥が深く秘密にされていることが多いので、完全に分析することは難しいです。

それでもコンテンツの良いネットショップやホームページは、自然にアクセスが増えます。

 

ある程度アクセスが増えてきたら、メールマガジンの発行をおすすめします。

メールマガジンでも台湾茶を売ることは可能で、繁盛しているネットショップはメールマガジンを上手に活用しています。

メールマガジンの書き方に悩む人には、次の解説本をおすすめします。

 

 売れる文章術

 

メールマガジンに特化した解説本ではありませんが、文章の書き方の基本を解説しています。

インターネットで宣伝するときは、文章を書くことから逃げてはいけません。

頑張りましょう。