台湾のレンタカー

home

現地の茶農家の場所によっては車が必要ですが、台湾にもレンタカーがあります。

 

台湾のレンタカー屋さん→ホームページは日本語版もあります。

 

レンタカー屋さんの情報はアイテムではありませんが、ここではアイテムの一つに加えさせてもらいました。

こちらのホームページは注意事項まで細かく書いています。

 

https://www.iws.com.tw/JPN/notices.html

 

台湾で運転するときは当然運転免許証が必要ですが、免許証だけではなく免許証の中国語翻訳文が必要です。

実は私の知っている人が免許証の中国語翻訳文の書類を忘れて、罰金を払う羽目になってしまいました。

 

免許証の中国語翻訳文の書類はうっかり忘れそうになりますが、罰金を払うのが嫌な人は必ず持参しましょう。

注意書きでは、申込先のホームページを紹介しています。

 

ホームページには車種の情報もありますが、台湾は右側通行なので左ハンドル車です。

左ハンドル車を運転したことがある人は問題ありませんが、初めて左ハンドル車を運転する人は、少し練習することをおすすめします。

 

こちらのレンタカー屋さんは保険を付けることができるので、運転する人は必ず保険に入るようにしましょう。

保険に入らず事故を起こした場合は、全部自己負担になるので保険代をケチってはいけません。

 

こちらのレンタカー屋さんの保険内容について見ます。

なおこの情報は執筆当時のもので、将来的には変更になる可能性があります。

そのためこちらのレンタカー屋さんで車をレンタルするときは、保険内容についてもじっくり目を通してください。

 

 

盗難: 車を盗難された際、車両時価10%はお客様の負担となります。
車を壊したとき: 修理代金はお客様負担となります。(上限8、000台湾ドル)。
人身傷害補償: 搭乗者の自動車事故によるケガ及び死亡につき、損害額は1名につき200万台湾ドルまで。
賠償責任保険: 賠償の支払限度額は被害者1名につき200万台湾ドルです。
Chauffeur(ドライバー付き)保険: 支払限度額は200万台湾ドルです。
第三者対人補償: 事故によるケガや死亡1名につき300万台湾ドルです
事故によるケガや死亡一事故について総額は600万台湾ドルです
車内携行品の補償は一事故について100万台湾ドルです

 

 

観光シーズンは予約が殺到する可能性があるので、レンタル日が決まっている人は早めに予約することをおすすめします。

また目的地にスムーズに到着できるように、カーナビをセットすることもおすすめします。

最近のカーナビは高性能なので、知らない土地であってもカーナビを頼りにすれば、何とか目的地に着くことができるでしょう。