台湾茶に詳しくなる

home

当たり前のことですが、台湾茶の個人輸入をすると台湾茶に詳しくなります。

最初の頃は一つの商品を注文するのに30分以上かかっていた人でも、慣れてくるといろいろな台湾茶を個人輸入したくなります。

そうなれば自然に台湾茶の種類を覚えていきます。

 

台湾茶は想像以上に多いため、すべてを個人輸入するのは難しいかもしれませんが、可能な限りいろいろな台湾茶を試し台湾茶の通になってください。

台湾茶に通じるようになれば、周囲から一目置かれるようになります。

そうなれば専門家としての道が見えてきます。

 

台湾茶の専門家になったからといって大きく稼ぐことは難しいですが、台湾茶の知識を活かして本を書いたりセミナーを開くことはできます。

 

電子出版であれば初期投資はほとんど必要ないため、気楽に出版できます。

本を出版することは思い出にもなるし、会話のネタにもなります。

私もAmazonで本を出版していますが、ときどき会話のネタにしています。

 

セミナーの開催は少しばかりの勇気が必要ですが、最初は友達をゲストにすればよいでしょう。

友達の前であれば、自然体で話すことができますよ。

 

台湾茶の勉強を続けていくうちに、自然に台湾または台湾人のことが好きになります。

私も台湾茶に関わるようになり、ますます台湾のことが好きになりました。

 

台湾関係のパーティに参加したら、台湾茶の話をしたらいいですよ。

台湾茶の話題は喜ばれることが多く、それがきっかけで友達も増えると思います。