起業することができる

home

個人輸入で経験を積めば、個人輸入のスキルを武器に起業することができます。

インターネット上で「個人輸入 代行」のキーワードで検索すると、多くの業者がヒットします。

これは個人輸入代行を商売にしている人が多い証拠です。

 

個人輸入代行している人の中には貿易会社や商社出身の人もいますが、いきなり個人輸入の世界に飛び込み、いつの間にか専門家になった人もいます。

個人輸入を始めるため、貿易会社や商社で働く必要はありません。

今はインターネット上に多くの情報があるため、いきなり個人輸入を始めても問題はありません。

こちらのサイトでも、個人輸入のノウハウに関する情報は発信しています。

 

個人輸入開始間もない頃は注文するだけで精一杯ですが、慣れてきたら店主または担当者の人に質問する余裕が出てきます。

そうなればしめたもので、回を追うごとに個人輸入が楽しくなってきます。

 

回を追うごとに楽しさが増してきた人は、周囲の人から個人輸入代行を頼まれるようになります。

ここから起業の道が見えてきますが、起業として成功させるには周囲の依頼に120%応えることが大切です。

具体的には新しいお茶が登場したら真っ先に教える・・・

これは誰にでもできることですが、意識していないと実行に移すのが段々面倒くさくなります。

 

周囲の期待に応えるようになると、周囲の人が新しい客を連れてくる可能性があります。

その時はきちんと手数料を取り、商売として成り立たせましょう。

 

純粋に個人輸入を楽しんで人が、周囲から依頼されるようになるのは珍しい事例ではありません。

もしあなたもそうなったら、思い切って起業の道を意識してもいいと思います。

 

個人輸入代行で起業するのは営業努力が必要になりますが、金銭的なリスクがないのがメリットです。

またやり方次第では副業にすることもできるでしょう。