日本では販売されていないお茶が飲める

home

個人輸入する魅力には、日本で販売されていない台湾茶を飲めることがあります。

これはお茶好きには溜まらないことで、お茶を飲みながら夕食を楽しむ人もいます。

 

台湾茶はネットショップの台頭に伴い日本でも広く販売されるようになりましたが、まだまだ日本で販売されていない台湾茶はあります。

そんな台湾茶を個人輸入し味わうのは、体験した者でなければわからない醍醐味です。

 

個人輸入したお茶を、ホームパーティで提供しても喜ばれるでしょう。

ホームパーティで提供するときは、台湾スイーツと一緒に提供したら完璧です。

台湾絡みのホームパーティであれば、台湾茶を飲みながら話が弾むはずです。

 

台湾茶ファンは意外に多く、パーティの参加者をSNSで集めることもできます。

Facebookには台湾関係のコミュニティが多く、そこでパーティの参加者を集めると効率的です。

 

個人輸入するメリットには、旬のお茶を入手しやすいことがあります。

同じお茶でも収穫時期によって味が異なり、値段にも反映します。

 

旬の台湾茶を見つけるには台湾のお茶業者と仲良くなることが一番で、何回も個人輸入していくうちに自然に仲良くなれるでしょう。

仲良くなった台湾の茶業者は、あなただけに旬の台湾茶を教えてくれるでしょう。

 

収穫時期に焦点を充てた動画ではありませんが、下記の動画を見ると台湾茶の収穫状況と製造過程がよくわかります。

全部中国語ですが、映像を見るだけでもわかります。

 

 

お茶の収穫時期の大切さが、何となくわかったのではないでしょうか?

是非とも個人輸入に挑戦し、旬のお茶を飲んでください。